2007年09月30日

世界一やさしい詰碁 入門編 (マイコミ囲碁ブックス) (単行本(ソフトカバー))

 
 万波佳奈先生の新書が出ました!

 その名も【世界一やさしい詰碁 入門編 (マイコミ囲碁ブックス) (単行本(ソフトカバー))】。


 詰め碁の本ていままで難しいものばかりだったんですよね。

 10級程度の人を対象にした詰め碁集って見たことありません。

 わたしはまだ本書を手にしていませんが、アマゾンの内容紹介を見る限り、かなり基本的な問題を集めたようです。

 初級者の詰め碁バイブルになるかもしれません。

 いやホント。


内容紹介
詰碁が苦手だなんて、言わせません!

囲碁を打つには、「死活」は欠かせません。しかし、囲碁を覚えたばかりでは、「死活」を理解することは難しい。本書では、ルールを覚えたばかりの方に「死活」の考え方を理解してもらうため、万波佳奈四段がやさしく丁寧に解説しています。そして、本書に収録した164題のやさしい詰碁を繰りせば、すぐにひと目で解けるようになるはずです。そうすれば、あっという間に初級者は卒業でしょう。




世界一やさしい詰碁 入門編


 わたしは買います。

 著者が大好きな万波佳奈先生であるということを除いても、手に入れているでしょう。

 それぐらい死活の基本は大事だということです。

 死活を間違えて1局を台無しにしてしまったことが、何回あることか。(^^;

 この本で勉強しなおすぞー。よしっ。
 
posted by koooji at 05:47 | Comment(4) | TrackBack(2) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このくらいやさしい詰碁の本は貴重ですよね。とくに、近くに教わる上手がいない初級者にはうれしい本だと思います。『ひと目の詰碁』や『ポケット詰碁200』などもいいですが、万波プロの本は説明がやさしくていいですね。
Posted by hexagoban at 2007年10月06日 23:42
hexagobanさん、コメントありがとうございます。

同感です。「これ以上簡単な問題集はほかにありません!」と言い切れるくらいやさしい詰碁本です。

なにせ、失敗図はもとより、参考図にさえコウが現れないのですから。

入門者にぜひ勧めたい1冊ですね。
Posted by koooji at 2008年01月19日 12:38
この本は入門者にはすごくよさそうですね。初心者は難しい詰碁を10解くより基本のやさしい問題を100解いたほうがいいと趙治薫先生も言っています。やさしい詰碁は基本(囲碁のエッセンス)を沢山吸収できることに意味があります。

でも、幻の良書といわれる前田詰碁が近々に復刊するらしいので私はそれを買おうと思っています。やさしい詰碁としては既にひと目の詰碁を持っていますので。。
Posted by iimin at 2008年02月05日 01:07
ええ、入門者にはお勧めの1冊ですね。逆に言うと、入門を卒業した『初心者』には簡単すぎるでしょう。

詰碁を全くやったことのない人に読んでもらいたいです。
Posted by koooji at 2008年02月05日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

世界一やさしい詰碁 入門編 (マイコミ囲碁ブックス)
Excerpt: 世界一やさしい詰碁 入門編 (マイコミ囲碁ブックス)
Weblog: しゃばなしゅば書房1号
Tracked: 2009-05-27 15:08

世界一やさしい詰碁 入門編 (マイコミ囲碁ブックス)
Excerpt: 世界一やさしい詰碁 入門編 (マイコミ囲碁ブックス)
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-08-12 21:05