2010年08月06日

蘇耀国先生の不戦敗

 
 先月(2010年7月)の22日に打たれるはずだった十段戦本戦の蘇耀国先生vs.黄翊祖先生は蘇先生の不戦敗になりました。

 不戦敗の原因は寝坊だそうです。

 しっかりせんか、蘇先生!(#゚Д゚)ゴルァ!!


 しかし幸いだったのが、この対局が本戦だったことです。

 十段戦は敗者復活があります。


 今回のことをしっかり反省して、敗者復活組で捲土重来としてもらいたいものです。



 あ、それと、蘇先生結婚おめでとうございます。末長くお幸せに。^^
 



posted by koooji at 04:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

万波佳奈・万波奈穂姉妹、ネットで対決! 大和証券杯ネット囲碁レディース

 
 初めての万波姉妹対決がネット棋戦の「大和証券杯ネット囲碁レディース」で実現しましたね。

 対局時間が2010年6月19日の20:00からって、サッカーW杯の日本−オランダ戦ともろかぶりでした。(^^;

 私はもちろん姉妹対決を見ました!と言いたいところなのですが、恥ずかしながらワタクシ、幽玄の間の無料会員なんですよ。

 プロの対局は有料会員しか見られません。

 なので、仕方なく(?)W杯を見ました。(^^;


 W杯のハーフタイム中に幽玄の間にログインして観戦者数を確認したのですが、なんと400人以上の方が観戦していました。やっぱり注目度高いですねー。

 それともハーフタイム中だけ観戦に来た人がたくさんいるのかしら。(笑)


 結果は姉・佳奈先生の勝ちでした。

 姉の貫録勝ちといったところでしょうか。


 これで佳奈先生は決勝進出です。

 久しぶりのタイトル目指してがんばれ!

 決戦の日は2010年7月17日! みんな見逃すなよっ。ってオイラ見られないんだけどね……。(^^;
 



posted by koooji at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

あの方と……


 
 昨日は日本棋院の野球部「ナインスターズ」の練習だったのですが、そこで思わぬ方と会うことができました。

 さて誰でしょう?


 答は……、





























































ブルちゃん.jpg


 ブルちゃん!

 林漢傑先生のブログでおなじみです。


 ボールで遊んだのですが、かわいかったー。^^

 あんな犬なら欲しいなぁ。

 我が家では狭すぎて飼えませんがね。(笑)
 



posted by koooji at 05:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

基本定石事典(高尾紳路著)

 
 いま一番欲しいもの、それがこの2冊です。

 基本定石事典(上巻 小目)(下巻 星・目外し・高目・三々)。

 ちょっと値は張るけど、やっぱりこういう基本的な事典は持っていて損はないでしょう。


 先人の叡智と探求の結晶、それが定石である。
 読んで字のごとく、隅の「定まった石運び」を指す。定まった石運びというからには、実戦(棋譜)にくり返し現れる型でなければならない。実戦に現れたのが一度や二度では、定石とは呼べない。(下巻・はしがきより)


   


 こういう類の本の資産的価値は計り知れないものがありますね。

 今後の囲碁ライフのために積極的投資をしてみようかな。

 ここはいっちょ成行買いで。(^^;



posted by koooji at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

蘇耀国先生と魔裟斗は似ているか

 
 今日のヨダログで依田紀基先生が書いていますが、蘇耀国先生と魔裟斗は似ているでしょうか?

  → ヨダログ


 んー、言われてみれば少し似ているような気も……。(^^;

 でも、言われるまで全く気にならなかったなぁ。

 魔裟斗の笑顔も優しい感じですが、蘇先生の方がより柔和なイメージです。

 笑顔が素敵という共通点はありますな。^^
 



posted by koooji at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

世界一やさしい手筋 入門編(万波佳奈著)

 
 現在囲碁20級ほどの我が父。

 愛読書は万波佳奈先生の「世界一やさしい詰碁 入門編」である。

 何度も繰り返し読んでいるようだ。


 そんな父を次のステップに昇らせるため、本書「世界一やさしい手筋 入門編」を買ってあげることにした。

 


 アマゾンのレビューを見ると、20級にはちょうどよさそうだ。

 明日は父の日だから、いいプレゼントになる。

 父よ、これを読んで19級になるのだ!
 



posted by koooji at 19:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

井山くん

 
 始まりましたね、囲碁名人戦。今回張栩名人(28)に挑戦するのは弱冠19才の井山裕太くんです。

 7番勝負第1局は挑戦者の井山くんが見事勝利を収めました。史上最年少名人に一歩前進です。


 ところで、ワタクシ、プロの囲碁棋士さんは「先生」と呼ぶことにしています。ブログなどで記事にする時にはほとんどの場合「先生」と書きます。「九段」とか「名人」などと書くこともありますが、基本的には「先生」です。

 ただ、井山くんだけは「くん」です。(^^;

 年齢のせいもあるでしょうが、なんとなく「くん」が一番しっくりきます。


 最近の井山くんは絶好調で、名人挑戦など数々の実績を残しています。もはや日本囲碁界のトップ棋士の中のひとりです。

 実績を見れば大先生と言えるでしょう。


 でも「井山先生」と書くのはなんとなく違和感があるんです。やっぱり「井山くん」がピッタリ。^^


 今回の名人戦でもし名人を取ったとしても、たぶん「井山くん」と書くでしょう。

 でも、本人に直接声を掛けるとしたら、もちろん「井山先生!」って呼びますよ。そんな小心者のワタクシです。(^^;
 



posted by koooji at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

祝! 万波奈穂先生、二段に昇段!

 
 いやー、めでたいです。万波奈穂先生が2008年4月1日付けで二段に昇段します! こんなに早く昇段できるとは、正直思ってもみませんでした。(^^;(←失礼だろっ。w)

 入段したのが何年だったかな? ちょっくら日本棋院のサイトで調べてみますか。

  囲碁のポータルサイト 日本棋院
   http://www.nihonkiin.or.jp/


 「平成18年入段」と書いてありますな。ということは2006年か。

 当koooji囲碁日記でも、当時話題にしてましたね。

  万波奈穂新初段がベールを……
   http://koooji.seesaa.net/article/15431998.html


 たった2年で二段昇段とは、順調そのものですな。

 この調子で、三段、四段と駆け上ってもらいたいです。

 そしていつかはタイトルを!


 ついでだから、万波奈穂先生梅沢由香里先生の2ショット写真を載せておこう。(^^; 2006年のひらつか囲碁まつりの時の写真です。

万波奈穂先生・梅沢由香里先生秘蔵写真

 がんばれ! 奈穂先生!
 



posted by koooji at 05:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

世界一やさしい詰碁 入門編 (マイコミ囲碁ブックス) (単行本(ソフトカバー))

 
 万波佳奈先生の新書が出ました!

 その名も【世界一やさしい詰碁 入門編 (マイコミ囲碁ブックス) (単行本(ソフトカバー))】。


 詰め碁の本ていままで難しいものばかりだったんですよね。

 10級程度の人を対象にした詰め碁集って見たことありません。

 わたしはまだ本書を手にしていませんが、アマゾンの内容紹介を見る限り、かなり基本的な問題を集めたようです。

 初級者の詰め碁バイブルになるかもしれません。

 いやホント。


内容紹介
詰碁が苦手だなんて、言わせません!

囲碁を打つには、「死活」は欠かせません。しかし、囲碁を覚えたばかりでは、「死活」を理解することは難しい。本書では、ルールを覚えたばかりの方に「死活」の考え方を理解してもらうため、万波佳奈四段がやさしく丁寧に解説しています。そして、本書に収録した164題のやさしい詰碁を繰りせば、すぐにひと目で解けるようになるはずです。そうすれば、あっという間に初級者は卒業でしょう。




世界一やさしい詰碁 入門編


 わたしは買います。

 著者が大好きな万波佳奈先生であるということを除いても、手に入れているでしょう。

 それぐらい死活の基本は大事だということです。

 死活を間違えて1局を台無しにしてしまったことが、何回あることか。(^^;

 この本で勉強しなおすぞー。よしっ。
 



posted by koooji at 05:47 | Comment(4) | TrackBack(2) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

第12回湘南ひらつか囲碁まつり 抽選はずれるの巻

 
 2007年10月14日に開かれる第12回湘南ひらつか囲碁まつりの1000面打ち大会に申し込んだのですが、見事抽選に外れてしまいました。 ・゚・(つД`)・゚・

IMGP0857.JPG

 ↑ クリックすると拡大します。


 正直申し込めば当たると思っていたので、かなりビックリしました。

 知り合いの中に、はずれたという人はいません。

 これは私のくじ運が相当悪いのでしょうか。

 普段の行いが悪いせいかもしれません。(^^;


 当日は飛び入り参加の200名に賭けるつもりです。

 当日参加の去年の抽選倍率は2倍くらいでした。

 天気にもよるでしょうが、今年はもっと多くなりそうな気がします。

 当日まではいいことをして、運気を上げておかないとなぁ。
 



posted by koooji at 04:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

NHK囲碁講座・司会は万波佳奈先生。

 
 2007年10月からのNHK囲碁講座は万波佳奈先生が司会だ!

 やっほう、これで半年間、毎週佳奈先生が見られるぞ。

 NHK杯の司会をしてたのが何年前だっけ?

 それ以来だから久しぶりだなぁ。


 でも講座の内容は難しそうだ。

 講師は結城聡先生

 「結城聡のこれが世界の新感覚」というタイトルで、世界棋戦で登場した最新の定石や布石を解説するらしい。

 普通の定石もろくに知らない私がついていけるだろうか。

 佳奈先生のフォローに期待だな。

 あー、10月からが楽しみだ。るんたったるんっ♪
 



posted by koooji at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

第12回湘南ひらつか囲碁まつり 参加棋士一覧

 
 2007年10月14日(日)に開かれる第12回湘南ひらつか囲碁まつり1000面打ち大会の参加棋士一覧です。


 山下敬吾棋聖王座
 河野臨天元
 大竹英雄名誉碁聖
 石田芳夫九段
 小林覚九段
 武宮正樹九段
 梅沢由香里女流棋聖
 金沢真初段

------------------------------------
 戸沢昭宣九段
 石榑郁郎九段
 佐藤昌晴九段
 宮沢吾郎九段
 園田泰隆九段

 大矢浩一九段
 井上国夫八段
 尾越一郎八段
 大森泰志八段
 酒井真樹八段

 小林健二七段
 前田良二七段
 西村慶二七段
 大木啓司七段
 高橋秀夫七段

 金澤秀男七段
 金秀俊八段
 本田幸子七段
 趙祥衍六段
 信田成仁六段

 松本武久六段
 鶴山淳志六段
 吉田洋逸五段
 大戸省三五段
 小山栄美五段

 武宮陽光五段
 筒井勝美五段
 王唯任四段
 穂坂繭三段
 佐藤真知子二段

 向井千瑛二段
 木谷好美初段
 向井梢恵初段
 向井芳織初段
 小林孝之三段

(以上、木谷門下会)
------------------------------------

 小島高穂九段
 安倍吉輝九段
 マイケル・レドモンド九段
 青木紳一九段
 中小野田智己九段

 大垣雄作九段
 泉谷英雄八段
 高梨聖健八段

 蘇耀国八段
 山本正人七段

 金川正明七段
 遠藤悦史七段
 水間俊文七段
 黒瀧正憲七段
 杉本明七段

 河野光樹七段
 林子淵七段
 山田拓自七段
 玉城忍六段
 菅野昌志六段

 宮崎龍太郎六段
 鈴木嘉倫六段
 久保秀夫六段
 孔令文六段
 河合将史五段

 光永淳造五段
 三谷哲也四段
 菅野尚美三段
 金艶三段
 富永武三段

 甲田明子三段
 竹清勇三段
 中山薫二段
 奥田あや二段
 白石勇一初段

 富士田明彦初段
 潘坤ト初段

 万波奈穂初段


 蘇先生と奈穂先生が来るのは大きいなぁ。

 文字も大きい。(^^;


 1000面打ち指導碁は、当日の飛び入り参加もできますが、応募者多数の場合抽選になりますので、事前に申し込んでおいた方がいいです。

 申し込み方法は、往復はがきに住所・氏名・年齢・性別・電話番号・段級位または囲碁歴を書いて、下記の係まで郵送します。

 〒254−0045
 平塚市見附町15−1
 平塚市文化財団
 1000面打ち募集係

 電話(0463)32−2237
 



posted by koooji at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

謝依旻先生が来た! 女流本因坊戦挑戦者決定戦 vs. 小林泉美先生

 
 女流本因坊戦の挑戦者が謝依旻先生に決まりました。

 挑戦者決定戦は謝依旻先生 vs. 小林泉美先生だったのですが、産休から本格復帰してタイトル戦に再び顔を出そうとする小林泉美先生か、いま乗りに乗っている謝依旻先生か、勝つのはどちらか大変興味深い対戦でした。

 結果、対女流棋士で圧倒的な勝率を誇る謝依旻先生が勝利しました。今年の成績は対女流棋士で13勝1敗だったと思います。(あやふやな記憶なので不確かです)。

 矢代久美子女流本因坊に挑戦する五番勝負は、2007年9月27日から始まります。


 ところで、【謝依旻】の読み方ですが、週刊碁では「しゃ・いーみん」となっています。日本棋院のホームページでは「しぇい・いみん」です。NHK杯囲碁トーナメントでは「しゃ・いみん」と呼ばれていました。囲碁将棋チャンネルの週刊囲碁パラダイスでは「しぇい・いみん」だったと思います。

 私は日本棋院の呼び方をスタンダードにしているので、「しぇいいみん」で辞書登録しています。


 で、本人に直接呼びかける時なのですが、その時は「いみん先生!」です。

 それが無難。(^^;

 そういえばペア碁戦の時、小林覚先生は「しぇいちゃん」て呼んでたな。
 



posted by koooji at 07:24 | Comment(3) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

第12回湘南ひらつか囲碁まつり 平塚囲碁祭り

 
 今年も湘南ひらつか囲碁まつりの季節がやってきました。

 2007年10月14日(日)午後1時から開催されます。

 毎年恒例の1000面打ち指導碁がメインです。

 もちろん私は参加します。

 昨年初参加だったのですが、ネットでしか知らなかった友達にたくさん会えてとても楽しかったです。

 1000面打ちの後の懇親会も楽しかった。4000円とそれなりの費用がかかりますが、プロ棋士と直接話せる数少ないチャンスです。

 私は昨年の懇親会で、万波奈穂先生と初めて話しました。


 1000面打ち指導碁は、当日の飛び入り参加もできますが、応募者多数の場合抽選になりますので、事前に申し込んでおいた方がいいです。

 申し込み方法は、往復はがきに住所・氏名・年齢・性別・電話番号・段級位または囲碁歴を書いて、下記の係りまで郵送します。

 〒254−0045
 平塚市見附町15−1
 平塚市文化財団
 1000面打ち募集係

 電話(0463)32−2237


 それでは皆様、湘南ひらつか囲碁まつりでお会いしましょう。^^
 



posted by koooji at 05:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

囲碁日記ランキング しばらく更新をサボっていたら……

 
 ひと月半ほど前、囲碁日記ランキングの話を書きました。


  囲碁日記ランキング・Yahoo!編
   http://koooji.seesaa.net/article/47588988.html


 この時、Yahoo!では2位でしたが、しばらく更新をサボっていたためか、9月1日現在では4位まで降下してしまいました。


20070901yahoo-igonikki.JPG

 ↑ クリックすると拡大します。


 やっぱりマメに更新しないとダメなんですかね。

 ちなみにグーグルでは、一月半前と変わらずの5位。こっちは下がってません。一安心です。

 気分が乗らないと記事を書く気にならないkooojiでした。(^^;
 



posted by koooji at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

万波佳奈先生・さくらのブロラジ

 
 Yahoo!のブログ検索で【万波佳奈】を検索していたら、
 面白いものを発見しました。

 万波佳奈先生がラジオ番組にゲスト出演していたようで、
 その時の模様がネットで聞けます。


 『さくらのブロラジ』公式サイト - 番組ブログ: 万波佳奈さん

  http://radi.sblo.jp/article/3608178.html


 更新が2007年3月28日とかなり古い記事なのですが、
 今までどうして発見できなかったのでしょうか。

 Yahoo!のブログ検索って、あんまり使ってなかったのかなぁ。

 まあ、あれですわ。 発見(*゚Д゚) ムホムホ 、ですわ。
 



posted by koooji at 17:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

万波佳奈先生・蘇耀国先生・囲碁将棋ジャーナル

 
 万波佳奈先生が聞き手を務める今月の囲碁将棋ジャーナルは絶対に見逃せません。

 なのに今日はすっかり忘れてしまっていました。

 12:10から放送でしたが、気付いた時には12:30を回っていました。

 しかも今日は解説が蘇耀国先生じゃありませんか。

 佳奈先生と蘇先生のツーショットなんて、めったに見られるものじゃありません。

 慌てて録画を開始しました。

 ちょっとだけしか見られなかったけど、佳奈先生と蘇先生の笑顔に癒されました。

 来週は見逃さないぞ。
 



posted by koooji at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

囲碁日記ランキング・Google編

 
 昨日書いたSEOの話の続きです。

 昨日はヤフーでの順位を見ました。
 ヤフーで【囲碁日記】と検索するとkoooji囲碁日記は2位でした。

  → koooji囲碁日記2位


 今日はグーグルでの順位をみてみましょう。

 グーグルで【囲碁日記】と検索した時、
 2007年7月13日現在、
 koooji囲碁日記は5位にあります。

  ↓ クリックすると拡大します。

 20070713-2.JPG

  ↑ クリックしたあと画像にマウスカーソルを載せ、
    拡大ボタンをクリックするとさらに拡大します。

  拡大ボタン

  kakudai1.JPG


 ヤフーでは2位だったのにグーグルでは5位です。

 この違いはなんなのでしょう。

 私にもよく分かりません。

 koooji囲碁日記はヤフー登録サイトなので、
 ヤフーでは優遇されているのかも。

  → ヤフー登録サイト一覧


 ということで、ヤフー以上にグーグルでも頑張れ、オレ。

 ノシ
 



posted by koooji at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

囲碁日記ランキング・Yahoo!編

 
 SEOという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 「Search Engine Optimization」の略で、
 日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。

 どういうものかというと、
 狙ったキーワードで
 検索エンジンの上位に表示させるテクニックのようなものです。

 当ブログkoooji囲碁日記は
 【囲碁日記】というキーワードでSEOをしています。

 SEOをしているといっても、
 私は素人なので、
 あまり難しいことはできません。

 本文中に頻繁に囲碁日記というキーワードを散りばめるくらいのものです。


 では、検索エンジンで【囲碁日記】と検索した時、
 koooji囲碁日記は何位に表示されるのか、
 実際にみてみましょう。

 今回はヤフー編です。

 2007年7月12日現在、第2位です。

  ↓ クリックすると拡大します。

 20070712.JPG

 1位のHeboTaro囲碁日記は、
 当ブログの逆アクセスランキングで常に上位にある
 大変お世話になっているサイトです。

 逆アクセスランキングは当ページ左下の方にあります。


 てなわけで、
 1位目指して頑張ります。

 ノシ
 



タグ:囲碁日記 SEO
posted by koooji at 13:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

第一感の死活・お勧め書籍

 
 今日は、kooojiが実際に読んでよかったと思う本を紹介します。

 私の囲碁のバイブルと言ってもよい本がこれです。

 『第一感の死活』




 詰め碁本です。

 対象は10級から初段くらいですが、10級に満たない人にとっても非常に役に立つ本です。実際、私は囲碁を始めて間もない頃にこの本を手に取り、その内容の分かりやすさに感動しました。

 また、現在でも、読み返すと、必ずといっていいほど新たな発見があります。

 問題数も多く(150問)、解説も分かりやすく、初心者から上級者まで役に立つこと間違いなしの1冊です。

 この機会に、ぜひ手にとってお読みください。
 



posted by koooji at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 囲碁日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする